「我那覇に秘密兵器 にんにく注射でパワー全開」

 

2007年のある日、ある新聞の一面にこんな見出しが踊りました。

 

我那覇選手は日本代表にも選ばれていた程のサッカー選手で、当時川崎フロンターレに所属していました。

 

実際のところ、彼はにんにく注射などしていません。風邪を治すために点滴を受けただけです。つまり、その新聞の報道は誤報だったのです。誤報といって流せば済む話だったのです。

 

しかし、Jリーグはこの報道に過敏に反応します。川崎Fも我那覇選手本人に確認を取らずにドーピングを認めてしまい、彼は活動の自粛、そして出場停止を余儀なくされてしまいます。

 

我那覇選手が事情を飲み込めない中、各Jリーグクラブのドクターたちが立ち上がります-Jリーグ、サッカー、そしてスポーツのために。

 

そして、ドクター側とJリーグ側で論争が巻き起こります。しかし、Jリーグは自らの非を認めず、事態は泥沼化。

 

最後の手段としてドクター側が下した決断が、我那覇選手本人に裁判を起こしてもらうことでした。「争うは本意ならねど」。

 

川崎Fはなぜドーピングと認めてしまったのか-。ドクター達はなぜ立ち上がったのか-。Jリーグの内部で何があったのか-。 そして、争いたくはなかったにも関わらず、なぜ我那覇選手は立ち上がったのか-。

 

この事件を良く知る豪華講演者をお招きし、これらの真相に迫ります。

 

 

【講演会名】
争うは本意ならねど
~我那覇和樹ドーピング冤罪事件を考える~

 

【講演内容】
2007年に発覚した我那覇和樹選手(当時川崎フロンターレ所属、現FC琉球所属)のドーピング疑惑
Jリーグ20周年を迎えた今年、この事件をよく知る方々をお招きしてこの騒動の真相に迫ります。

 

【講演詳細】
開催日 11月3日(日・祝) ※早稲田祭2日目
時間 15:00開演〜18:00終演(14:30開場)
場所 早稲田大学早稲田キャンパス 8号館308教室
http://goo.gl/maps/fWzpR
☆入場無料です!当日会場へ直接お越しください。

 

【登壇者紹介】
木村元彦(きむら ゆきひこ)氏
ジャーナリスト
我那覇ドーピング冤罪についての著書『争うは本意ならねど』や『オシムの言葉』など著書多数

 

友近聡朗(ともちか としろう)氏
元参議院議員、現笹川スポーツ財団特別研究員
早稲田大学ア式蹴球部OBで、現役時代は愛媛FCのJリーグ参入に貢献

 

三ツ谷洋子(みつや ようこ)氏
元Jリーグ理事
現在は法政大学スポーツ健康学部教授を務め、特別非営利活動法人 法政クラブの理事も務める

 

【その他】
参加をご希望の方は、人数把握のため、専用のFacebookページ(  https://www.facebook.com/events/170163233178110/ )にて参加ボタンを押してご協力いただければと思います。

 

また、ご不明な点がございましたら、Sportsofjapan@gmail.comや、ツイッター(@SportsOfJapan)までお気軽にお問い合わせください。

多くの皆様のご来場心よりお待ち申し上げております。

 

【主催団体】
Sports Of Japan
HP:http://www.sportsofjapan.net/
Facebook:https://www.facebook.com/SportsOfJapan
Twitter:@SportsOfJapan
E-mail:Sportsofjapan@gmail.com
 

早稲田大学公認サークル。
「日本のスポーツ文化を変革する」という理念の下、スポーツビジネスやスポーツ文化を現場や学問の視点から楽しみます。
活動はインタビューからイベントの企画・運営まで多岐に渡ります。
人や考え方の繋がりを大切にする団体です。

争うは本意ならねど

~我那覇和樹ドーピング冤罪事件を考える~

© All Rights Reserved by SOJ